四国の右下(徳島県海部郡・海陽町、牟岐町、美波町近辺)での相続・遺言、成年後見、商業・不動産登記、助成金申請なら海部総合司法事務所へご相談ください。

 

 
 
 
 

海部総合司法事務所の5つの強み

 

強み①) 海部郡出身の気安い女性司法書士!

  当司法書士は、消費生活センターやハローワーク、障がい者や生活にお困りの方の相談窓口で、さまざまな方々とお話してきました。また、地元出身ですので、どうぞお気軽に、地元の言葉で、あなたの普段の言葉で気安くお話しして下さい。難しい手続きは丸投げして下さい。意思だけお伝え下されば、おなたの希望に沿うように、きちんと整理して手続きをさせて頂きます。

強み②) 登記に強く、地元事情に精通した熟練スタッフがいる!

 海部郡の老舗司法書士事務所で20年以上、多くの不動産登記、商業登記を扱い法令知識は勿論、牟岐町、海陽町、東洋町等、地元事情にも精通した熟練スタッフがサポートしています。その培った知識経験を元に、地元の登記を迅速、正確に行います。

強み③) 法テラス契約司法書士!

   当司法書士は法テラス(日本司法支援センター)と契約しています。徳島市の法テラスまで出向かなくても、海部郡の当事務所で法テラスがご利用できます(持ち込み方式)。裁判所への破産申立と法テラスへの申請は、当事務所から全て行うことができます。生活保護を受けられている方は、費用の返済・猶予や免除を受けられる場合がございます。詳しくはこちら

 

強み④) ワンストップサービス!(会社ルールの見直しや経営の手助け)

 定款が古い有限会社のままで就業規則も古いまま。所長は社会保険労務士でもありますので、定款の見直しと同時に法改正に対応した就業規則も作成できます。また、定年見直しや雇用状況により、該当する助成金の申請代行します。社長さん、もらえるものはもらいましょう!

 

強み⑤) ワンストップサービス!(暮らし、福祉、年金、労働)

 所長は社会福祉士で社会保険労務士、行政書士。例えば、精神的なご病気で苦しんでおられる方の債務整理では、自己破産手続きをしながら、福祉サービスを受けるための手帳の取得の支援や、社会保険、年金の手続支援が行えます。認知症の方の成年後見では、福祉機関や医療機関と連携し、総合的な支援を行います。

 外国人労働者を迎えるに当たっての雇用管理(社会保険労務士、電子申請も扱っております)、在留資格の変更や更新等の各種手続(申請取次行政書士)も外国人の方が直接入国管理の事務所に出頭しなくても代行させて頂きます。

また、日本はこれから超高齢社会で多死社会に突入します。都会に出られた方々の田舎の親の介護問題、空き家の管理をどうするか、気がかりな墓じまい・・・・遺言やお葬式、永代供養。悩みは多いですね。ご一緒に考えてみましょう。

 

 

ページ先頭へ

 
 
ホームページ作り方